2010年10月03日

振り返って

2010年のスパルタスロンを振り返って

大会自体は途中でリタイアという残念な結果になってしまいましたが、収穫や楽しいこともたくさんありました。スパルタスロンでは、選手村となっているホテルに入って選手が数日間共に生活するので、とても一体感があります。数年前までは国籍関係なく相部屋になっていましたが、最近では日本人は同じホテルに集められています。国際交流という面では少し残念ですが、数日間の生活は楽しくなりました。

今年の選手村では、ドイツ在住の日本人の方と同室になりました。去年その方の奥さんとはお話していましたが、本人とは初対面でした。深夜2時にホテルに到着して同室の人の名前を聞きました。こんな時間に申し訳ないと思いながら部屋に入りました。その前にノックをしていたので起こしてしまいました。簡単に挨拶してそのときはそのまますぐに寝ました。翌朝色々話していると、共通点が多くてびっくり。陸上経験なしでも100kmを7時間10分台で走るスピードランナーで、2歳上の研究者ということもあって話が合いました。この人と知り合いになれたことが一番の収穫だった気がします。走り方、練習の仕方なども近い考え方でした。

スパルタには一日早く着いてしまったので、丸一日時間がありました。今回でスパルタスロンは一区切りにしようかと思っていましたが、みんなのゴールシーンを見てると羨ましくなりました。やっぱりもう一度あの感動を味わいたい・・・。もう少し考えることにしましょう。

数年前から日本人は同じホテルに集められているので、バスなどはまとまって行動することになりました。すると国際感覚のない人たちが騒ぎ出すのが見ていて気分悪かったです。

アテネに帰ってきてから、今年もいつものメンバーで夕食会をしました。新しいメンバーも加わり、とても楽しい時間を過ごしました。この時間が一番楽しかったですね。またこのメンバーで集まってお話したいと思いましたが、いろんな国にも散っているので、ここでしか集まれないだろうなと思いました。

今年の表彰式はマラトンで行われました。お金がないので野外といううわさでしたが、いつもよりは広々としていてよかったです。マラトンを観光できたのもよかったです。でもわざわざ自分で行くほどではなかったので、今回ついでに見られてよかったです。
今年も表彰式はギリシャ時間でした。8時からというのに始まったのは1時間くらい後。そしていつの間にか出来てしまうビュッフェへの列。まだ座っているようにというアナウンスの後、なし崩し的にビュッフェタイムになったようで、行っていいというアナウンスをお願いしに行ったところ、お前は何で行ってないのか?とのこと。お腹が空きました。初めて英語で怒ってしまいました。

ま、いろんなことがありましたが、とても充実した1週間でした。
10sparta01.jpg10sparta02.jpg
posted by まつたけ at 19:11| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スパルタスロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スパルタスロンには2002年以来8年ぶりに参加したのですが、確かに日本人選手の品性の低下には本当に驚きました。ギリシャでの滞在中、近年の日本人選手の悪評をたくさん耳にしました。スパルタスロン自体は本当に素晴らしいレースであるだけに、日本人がスパルタスロンの足を引っ張っている実情は率直に残念の一言です。
Posted by 桑原(ゼッケン203) at 2010年10月04日 09:51
ギリシャではお世話になりました。

ここにこういうことを書くのは控えていたのですが、前々から思っていたので書いてしまいました。年々ひどくなっていく気がします。
本当にスパルタスロン自体は素晴らしい大会なのに、とても残念です。
それに、一応国の名前をつけて参加している以上は、恥ずかしくない行動をしてほしいと思います。同じ日本人として恥ずかしいです。今後良くなっていくことを望みます。
でも、素晴らしい人たちと出会えることもこの大会のいいところの一つだと思います。今回もとても楽しい時間を過ごさせていただきました。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by まつたけ at 2010年10月05日 20:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164541456

この記事へのトラックバック